>

わかりやすく説明しよう

説明を工夫しよう

自分の説明が、依頼人にきちんと伝わっているのかよく確認してください。
難しい言葉をたくさん使って説明しても、理解されないことが多いです。
誰でも理解できるよう、簡単な言葉を使って説明すると良いですね。
具体例を出しながら説明することも、良い方法です。
説明を工夫して、理解してもらいましょう。
知識を勉強することばかりに集中していたら、説明がわかりにくい税理士になってしまいます。

依頼人は、税金に関する知識を全く持っていないという認識を忘れないでください。
自分は簡単に理解できることでも、理解するまでに時間が掛かります。
内容を噛み砕いて説明することで、短時間で理解してもらえるでしょう。
依頼人の気持ちになってください。

信頼を得るためにできること

税理士として働くためには、信頼を得なければいけません。
怪しいと思われると、依頼人が訪れないので経営できなくなります。
説明が丁寧な税理士は、信頼されやすいです。
たくさんの人が依頼を持って来てくれるので、経営が順調に進むでしょう。
税理士を目指すなら、信頼されるように心がけてください。
言葉遣いなども、もちろん重要です。

乱暴な言葉遣いの税理士は、信頼できません。
どんな相手に対しても、丁寧な言葉で喋ってください。
自分で努力しなければ、依頼人から信頼を得ることはできません。
他にも、服装などの身だしなみを意識することが重要です。
信頼は、1度失ったら取り戻すのが非常に難しいです。
失わないように、注意しましょう。


この記事をシェアする